お客様の声

介護職員のぎっくり腰、腰痛やひざの痛み等について、実際に回復整体を活用しています。

山本加代子(51歳 介護事業所経営)

①現在どんなお仕事をされていますか?
夫婦で介護事業所の経営をしています。
私は現在は事務的な仕事をしています。
②整体を学ぼうと思ったきっかけは何ですか?
夫がもともと鍼灸あん摩マッサージ師であり、施術に関して新しい技術を学びたい希望があり、夫は視力障害があることから私も一緒に学ぶことにいたしました。
③それが回復整体だったのはなぜですか?
『18人の名人』 という書籍を夫が読み、結果を出している回復整体に非常に興味をもちました。また、静岡に先生がいらっしゃるということも驚きでしたし、受講の動機となりました。
④回復整体は介護施設でどのような形でお役に立てていますか?
職員のぎっくり腰、腰痛やひざの痛み等について、実際に回復整体を行いました。
集中的に行いそれぞれ痛みの改善が見られました。
入居者様には、施設内の接骨院での施術に取り入れています。
高齢者には回復整体の本当にソフトな治療法が最適で、どんな状態の高齢者にもその人が今とれる姿勢のまま本人への負担もなく、治療ができるので非常に役立っています。
⑤回復整体を今のお仕事と今後どのように結び付けていきたいですか?
高齢者は痛みのために行動が制限されることが多々ありますので、その痛みの軽減をしてリハビリにつなげたり、日々の健康増進にも更に対象者を増やして取り入れていきたいと思っています。
また今後は職員の福利厚生にも取り入れ、痛みの改善や健康増進に寄与したいと考えています。
⑥ご夫婦で学んでよかったことは?
パートナーがいることによって、勉強が継続できたこと、お互いに不調な時はお互いを施術することができることです。

キャンペーン 一覧ページ

    登録されている記事はございません。