夏は面倒くさい「お風呂」について(その2)

はじめに

日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。

私は毎朝起きるとすぐに庭の花の世話をします。

朝の6時台は空気もまだ冷んやりしているのでとても気持ちいいです。

さて、前回の続きになります。
夏は面倒くさい「お風呂」について(その1)

「お風呂に入るといいわけ!後半4つ」

でがお伝えしますね。

1・血行がよくなる

カラダが温まると血管が広がりますので
血の巡りが良くなります。
冷え性の方にもいいですね!

2・全身がやさしく触れられた状態となる

これは水の圧のことですが、お風呂に浸かった時の
お湯が肌に当たる感じが、優しく指で触れられている感覚なんですね。
なので身体の緊張が取れていくんです。

3・器官が潤う

お風呂に入ると湯船から湯気が立ちますね。
その湯気で器官が潤います。
よって喘息や喉の不調にもいいでしょう。

4・副交感神経が優位に立つ
お風呂に入ることでリラックスし安心することで
副交感神経が優位になります。
そうすると筋肉の緊張が取れて骨格の歪みの改善にもなります。

こうしてお風呂に入るといいことがた~~くさんありますよね。

夏は暑いので「シャワーでいいや!」となりがちですが、
みなさん、ぜひ お風呂に入ってみてくださいね。

【今日のセルフストレッチ】

さて、本日のシンデレラストレッチは

「ブランコで丸まり防止ストレッチ」です。

https://youtu.be/NhqVFT_OT5I

仕事中、事務作業で丸まった背中にならないように

ぜひ仕事の休憩中にやってみてくださいね~^^

今日も笑顔の一日を。

お知らせ

「Woman`Sスマイルコース」開催しています。

https://kaifukuseitai.jp/

整体をもっと、おもしろく!
身体のことをもっと楽しく知りたいあなた。

お待ちしています。

関連記事

  1. どの家庭も元気に生きるコツがあります。それは・・・

  2. 仕事に責任がかかると腰が痛くなるってホント?!

  3. 便秘と、うしろ姿の関係は?

  4. 40肩と50肩のちがい、わかりますか?

  5.  なんで朝の6時と7時台がいちばんひどいの?

  6. 腰痛予防のための赤ちゃんの抱き方・おんぶの仕方