40肩と50肩のちがい、わかりますか?

日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。
大型連休2日目、今日の静岡(藤枝)は気温が一気に下がり肌寒い日となりました。

さて、

40肩・50肩とは?

さて、今日のタイトル40肩・50肩です。

40肩・50肩
よく言いますね~

私も数えきれないほどの40肩・50肩の患者さんを診てきました。

40肩・50肩って何が違うのでしょうね~~

良く調べてみると
40肩・50肩とは一般的には「肩関節周囲炎」というようです。

それならなんで年齢がつくの?

それはやっぱりその年齢で上記の肩の不調が出る方が多いからだそうです。

ここからは私が夫婦で延べ12万人の施術をしてきての傾向から

私なりの見解をお伝えします。

40肩・・・いわば40代で肩関節周囲炎を訴える方

とにかく身体を休める時間が少ない&睡眠時間が少ない。
女性で言うと
仕事・家事・子供の用事などがこの時期に分刻みであるということです。

カラダを休めることができないので
カラダの中でも複雑な動きをする肩関節が極度の疲労を蓄積し
それが症状となって手が挙がらなくなったりするのだと思います。

50肩・・・・・50代で肩関節周囲炎を訴える方

これも私の個人的な経験からの見解ですが、

みながみな50代は肩関節周囲炎になるわけではありませんよね。

じゃあ??って

50代は子育ても一段落します。
その空虚感・または親の介護が加わります。

また早い方ですとお孫さんの世話が始まります。
可愛いけれど気を遣いますね。

そして50年生きてきた自分の常識は
ますます老いていくカラダの恐怖と重なります。

思考も固まり、
新しいことへの挑戦や柔和な考え方がしにくくなる。

カラダも脳も動かすことをしなくなります。

思考も固まると身体中の関節も動きにくくなります。
脳が身体の総司令官だからです。

何かとカラダの悩みも多いのは50代です。
女性は特に「閉経」がありますので
ホルモンのバランスが崩れます。

身体が変化していくということは
精神的にもとても不安定になります。

あくまでも私の患者さんを診てきた経験です。
そして患者さんとの会話の中で気づいたことです。

これが全てではないと思いますが

12万人も患者さんと関らせていただくと
傾向がわかります。

なので40代も50代も年齢がくるから
40肩・50肩になるのではなく

どういう思考と行動の習慣をしているか?!
ということになると思います。

もう一度言います。

40代・50代で
四十肩・五十肩にならない人もたくさんいるのですから。

毎日の生活の中で
少しだけ動きを変えてみたり
新しいことをはじめてみる。

あとは
自分のカラダに
「毎日ありがとう~」と言ってから寝る。

これだけでも違うと思いますよ。

貴女の肩、
きっと良くなります。

だからあきらめないで!!

今日の自己ストレッチ

さて、
今日の自己ストレッチ(シンデレラストレッチ)は
タイトルにちなんで
四十肩・五十肩の皆さんにおススメします。

夜寝る前・朝起きたとき
日中少し寝転ぶところががあればその時。

やってみてくださいね。
題して「寝たままハンマー投げストレッチ」

ハンマーを投げる動作に似ているから
ハンマー投げストレッチです^^

【お知らせ】

*1day教室5月開催日程について

整体というお仕事でやりがいを感じてみたい。
子育てや介護で自宅から出られないけれど空いた時間で仕事したい。
痛みのある人を笑顔に導きたい。
そんなあなたにおすすめのコースです。

5月1day教室開催日程:5月11日(土) 5月12日(日) 5月15日(水) 5月17日(土) 5月18日(日) 5月29日(水)

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。
*上記全日とも 時間は 10時~13時(何回でも参加できます)
https://kaifukuseitai.jp/news/1day5gatu

整体で独立したい貴女。 家族の不調を改善したい貴女。
カラダのしくみに興味がある貴女。

お気軽にご参加ください。お待ちしています。

—————–

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. コーヒーとパンがおいしい新聞店さんのお話

  2. からんだ紐を両端からゆらゆらさせて解く整体

  3. 夏は面倒くさい「お風呂」について(その2)

  4. お母さんの手は魔法の手?!

  5. 時すでに遅し

  6. まぜるな危険!